2006年02月16日

マキシムドパリ

バレンタインに貰ったチョコを御裾分けしてもらったので、序に写真撮らせてくれ~と頼んでブログにアップしてみる事に。人様が貰ってきたものに評価するのもなんですが…(笑)

マキシムドパリ(ドイツ)(頂き物)

■外装

200602162256000.jpg

真ん中にマキシムドパリのトレードマークの小さい絵の入った金の箔押し入りで豪華そうなパッケージ。箱の色によって味や種類が違うみたいです。

■見た目

200602162256001.jpg

金色のトレイで豪華さアップしてる感じ。

■味・匂い
6種類あるのでとりあえずトリュフラムクリーム。
匂いは甘くないです。チョコっぽくも感じません。
味はラム酒がど~んとやってきて、甘いのとラムの味が戦ってる感じ。五段階では2くらいかな。

■総評
ラム酒にちと弱いので評価は低いものの、家族の判断ではおいしかったらしいので、有名ブランドチョコとしてはまずまず。ラム酒好きならかなりいけると思います。


posted by アウステル at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

アロマーモ

電車の快速待ちの10分間に目の前のキヨスクでチョコ物色。ちょっと食べたかったから小さい箱のをよく見ずに買ったのがそもそもの間違いで、コーヒーは苦いから飲まないのに厳選されたコーヒーチョコはいかがなものか。しかも電車の中で写真撮ってます(笑)

グリコ アロマーモ(120円)

■外装

200602121131000.jpg

コーヒー豆の写真入りでコーヒーチョコと分かる仕様。(なのによく見ないから…)

■見た目

200602121132000.jpg

金色に茶色がマーブルになった包装。チョコにはマーブルっぽい波模様が入っています。コーヒーチョコだから割と濃い色です。

■味・匂い
匂いはコーヒーでチョコの香りはしません。
種類は解らないですが完全にコーヒー味。苦い。たまに甘さを感じるんだけどやっぱり苦い方が強いです。五段階では間違いなく1。

■総評
間違いなくコーヒー好きな人向けチョコ。ただしブラック派には向かないと思われます。大人向きのチョコでしょう。
posted by アウステル at 01:49| Comment(1) | TrackBack(0) | あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

ベルナルド・カラボー

世界一のチョコパティシエとは知らずにベルギー人パティシエだからという理由で買ったチョコです。その事は後から何気にチョコ検索してて知ったんですが、サイズの割に高かったのはその所為か…。

ベルナルド・カラボー ミルクウェファーチョコ・ダークウェファーチョコ(カナダ)(2520円)

■外装

200602111240000.jpg

【ミルクウェファーチョコ】
シンプルな箱に薄い茶色のリボン掛け。箱には薄く藤で編んだ籠の模様がついています。そして中が見えるようになっています。

200602111239000.jpg

【ダークウェファーチョコ】
箱自体はミルクウェファーと同じですがこちらは焦茶のリボン掛けがしてあります。

■見た目


200602111638000.jpg

【ミルクウェファーチョコ】
薄いゴールドの包装がおしゃれ。チョコはすごい薄い板チョコでタイル模様がついてます。

200602111647000.jpg

【ダークウェファーチョコ】
ミルクウェファーより濃いめのゴールドの包装。チョコの色は濃いです。

■味・匂い
【ミルクウェファーチョコ】
匂いはミルクの甘い香りがほんのりするくらいで気にならない程度。
味は甘さが濃くてミルク感が強いです。五段階で4.5くらい。口溶けはゆるやか。ちょっとミルクがくどいかなってくらいで味はいい。ただ続けてたくさんは食べられないです。

【ダークウェファーチョコ】
匂いは濃いカカオの香り。苦そうな感じです。
味は匂いに比例して苦め。そんなに苦くはないです。口溶けはいいけど喉に苦みが残ります。五段階で1~1.5くらい。

■総評
世界一のチョコパティシエだからと期待してた分、両極端の味でちょっとつまらない。真ん中の味があったらな。というわけで検証した結果、両方を一緒に食べると丁度いい甘さになります。
posted by アウステル at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

プレミアムトリュフ

1つ前と一緒でスーパーの埃被ったバレンタインコーナーで買ったもの。そこのスーパー、リニューアルしたばかりなのになぁ。

ブルボン プレミアムトリュフ(350円)

■外装

200602091249000.jpg

う~ん、バレンタイン用なのにパッケージに中身の写真シールはっちゃいますか。やるな、ブルボン。包装紙は木目。裏面にはびっしりと素材名が。もっと小さくていいよ、くらいな感じです。

■見た目

200602091250000.jpg

ガナッシュトリュフが2個、クリーミートリュフが3個入っています。ガナッシュトリュフは固そうでクリーミートリュフは粉っぽそう。

■味・匂い
封を切った途端に甘い匂いがしてきます。強い香りだと思うのは一瞬。すぐ慣れます。ガナッシュトリュフの方が濃い匂い。
ガナッシュトリュフは匂いに比べて甘さ控えめ。洋酒が入っているからか五段階では2~3。ほろ苦い甘味があります。後に洋酒が残る感じ。クリーミートリュフは始め粉っぽいけど、それがなくなるとクリームの甘さが広がってきます。五段階で3.5くらい。ずっと甘いで終わる味。

■総評
クリーミートリュフ、ガナッシュトリュフの順で食べるのがベスト。3対2で入っているのは伊達じゃないらしい。
posted by アウステル at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

中村屋ピュアショコラ

100均に用があったので、その序に隣のスーパーへ。そこにあったバレンタインコーナーにあったものなのですが、埃被ってたんですよ…。やる気なし度が伝わってくる商品です。

中村屋ピュアショコラ(367円)

■外装

200602091238000.jpg

バレンタイン包装なのか違うのか、オレンジが目立ちます。

200602091248000.jpg

中の箱は至ってシンプル。包装紙と違って優しい感じです。

■見た目

200602091241000.jpg

スイートとミルクの二種類に分かれていて、判別できるよう包み紙が黄色と茶色に分かれています。チョコ自体は小さくて一口サイズ。スイートは色が濃くミルクは薄い色。上部に線模様が入っています。

■味・匂い
匂いはスイートの方が濃いです。ただ甘い匂いでも苦い匂いでもなく、固いキャラメルのような匂い。
味はミルクチョコはチョコ甘いではなく砂糖の甘い感じで五段階で2。スイートチョコは苦みがあって微妙に焼き芋の焦げた部分の味がします。五段階で1~1.5くらい。

■総評
チョコっぽい味がないので、チョコ好きな人には不評を受ける味です。義理チョコ・友チョコ程度が妥当。本命には贈らない事をお薦めします。
posted by アウステル at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

シーシェルチョコレート

とある会社のチョコ通販でしか日本に入らないらしいチョコを買うついでに買ったものです。ベルギーチョコが好きなので(ベルギー王室ご用達だとなお◎)食べてみたいなぁと思って買ってみました。

Jacali シーシェルチョコレート(ベルギー)(903円)

■外装

200602071246000.jpg

曇り空にジャカリの鳥のロゴが入ってます。チョコの写真に現物の見えるパッケージ。一粒が大きいので箱も大きいです。

■見た目

200602071247000.jpg

ミルクチョコにホワイトチョコをかけたものと、ホワイトチョコにブラックチョコをかけたものが順番に並んでます。貝の形が10種類あります。

■味・匂い
外装フィルムを剥がしたとたん箱から出してもいないのにヘーゼルナッツの甘い匂いが漂ってきます。匂いは強いけど段々引いていく感じ。
固いかと思ったら外は薄い固めのチョコで中はやわらかいヘーゼルナッツのプラリネチョコ。外側がパリッと割れたら溶けていくので殆ど噛む必要がないです。ば~っと口の中に甘さが広がってくる感じ。ホワイトチョコにミルクチョコをかけたものとその逆とで味は殆ど同じ。違いが分からなかったです。五段階では4.5くらい。ちょっと甘さが強いかな。

■総評
ヘーゼルナッツの強い匂いと甘さが好きな人にはかなりいいかもしれません。温かい所で食べるのは匂いが広がるので要注意(笑)一粒が大きいから食べ甲斐ありますよ。万国向けなので味も世界基準。
posted by アウステル at 01:20| Comment(0) | TrackBack(1) | さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

プレミアムココア

スーパーのバレンタインコーナーにあったチョコレートです。会社名は知ってましたが食べた事なかったような気がしたし、安かったので買ってみました。今あるチョコレートだけで12種類ストックがあり、一番安いのがこれなのでこれからというわけです。

ハマダコンフェクト プレミアムココア(315円)

■外装

200602021211000.jpg

黒と金をベースにした大人なパッケージ。「生チョコレート」って英語で箔押ししてあります。生は英語でNAMAでいいの?

■見た目

200602021212000.jpg

金の内装を切ったらカカオ~って香りがぷんぷん漂ってきます。チョコレートっていうよりカカオ。

■味・匂い
匂いは固そうで粉っぽいココアの香り。甘い匂いはしません。
ブランデーかウイスキーの味が強く、甘さは感じません。苦みもありません。五段階では1.5くらい。生チョコレートだけあって口溶けがいいです。

■総評
手で触っているだけで溶けてきます。甘味が殆どなく、喉の奥にずっと酒が入ってる感じが残るので大人向きチョコレートでしょう。
posted by アウステル at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。